ご質問詳細

  • 質問

    年度途中に土地・家屋を売却した場合、固定資産税の支払いについて知りたい

  • 回答
    固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されますので、たとえ、年の途中で土地や家屋を売却しても、その年の税金は全額課税されます。
     しかし、このような場合、実際の税金の支払い方法について売主と買主との間で、契約書等によって取り決めることが多く行われているようです。

    ■1月1日現在の所有者とは

    具体的には次のとおりです。

    <土地>  登記簿に所有者として登記されている者
    <家屋>  登記簿に所有者として登記されている者
    <償却資産>償却資産課税台帳に所有者として登録されている者

    (注)土地、家屋が登記されていない場合や、所有者として登記されている人が1月1日前に死亡又は消滅している場合等には、1月1日現在で、その土地や家屋を現に所有している人が納税義務者となります。


    ≪お問い合わせ先≫

    ■土地・家屋の所在する区が【東区・中央区・西区】の場合
     市税事務所資産税課 土地係    電話 025-226-2269
                      電話 025-226-2271
     市税事務所資産税課 家屋第1係  電話 025-226-2273
     市税事務所資産税課 家屋第2係  電話 025-226-2280

    ■土地・家屋の所在する区が【北区・江南区・秋葉区】の場合
     資産税第1分室 土地係      電話 025-382-4032
     資産税第1分室 家屋係      電話 025-382-4048

    ■土地・家屋の所在する区が【南区・西蒲区】の場合
     資産税第2分室 土地係      電話 0256-72-8216
     資産税第2分室 家屋係      電話 0256-72-8231

    • FAQ番号:B000140504
    • 最終更新日:2019/03/22
  • 関連するQ&A
    関連するご質問
  • この情報はお役に立ちましたか?
    よくあるご質問改善の参考とするためにご意見をいただいています。

Powered by MatchWeb