ご質問詳細

  • 質問

    原付バイクの車台番号を石刷りして拓本を採る方法を教えてほしい

  • 回答
    原付バイクの登録申告を行う場合,所定の書類が揃わないまたは車台番号を確認する必要が生じたといった際に「車台番号の石刷り拓本」の添付を求める事があります。
     この方法は次のとおりです。

    <車台番号とは>
     「車体番号」あるいは「フレームナンバー」とも呼ばれますが,バイクの車体の金属部分に打刻された製造番号です。
     アルファベットと数字で構成された,およそ10桁程度の記号です。
     打刻位置についてはメーカーや車種によって異なりますが,およそ「ステップの両脇(スクーターの足置き板)」「ハンドルの付け根」「タンクの上部」「フォーク(ハンドルから前輪までの支柱)」「エンジンハンガー(エンジンとフレームをつなぐ板状のもの)」のいずれかにあるようです。
     また公道走行時に加入が義務付けられている「自賠責保険」の登録時に必要な記号番号としても利用され,車体を個別認識させるための重要な番号です。


    <必要なもの>
     ・鉛筆
     ・メモ用紙程度のサイズの紙

    <手順>
     1 バイクの車体より「車台番号」を探します。
     2 車台番号に紙をあて,上から鉛筆で写しとります。
     3 すべての桁の番号が目視できる状態となるまでこすります。
     4 写し取った紙に「バイクメーカー名」と「総排気量(取扱い説明書等に記載してあります)」
       を書き取ってください。

    <注意点>
     ○打刻位置はカウル(プラスチックの車体カバー)を外さないと確認できない場合があります。
      打刻位置がわからないときは,最寄りのバイク屋さん等にお尋ねください。


    【お問い合わせ先】
    市民税課 法人・諸税係 電話025-226-2251





    ■検索関連キーワード
    [法人・企業]
    • FAQ番号:B000134909
    • 最終更新日:2021/03/29
  • 関連するQ&A
    関連するご質問
  • この情報はお役に立ちましたか?
    よくあるご質問改善の参考とするためにご意見をいただいています。

Powered by MatchWeb