ご質問詳細

  • 質問

    北原白秋「砂山」の石碑について教えてください

  • 回答
    詩人・北原白秋(1885~1942)の「砂山」の碑は,西船見町の新潟県護国神社境内にあります。
     この碑は,白秋と親しかった坂口献吉(坂口安吾の兄)が中心となって,昭和36年に建てられました。
     碑面には,「うみはあらうみ むこうはさどよ」で始まる童謡「砂山」の歌詞がひらがなで刻まれています。
     白秋は,新潟師範学校に招かれて,大正11年6月12日に新潟を訪れます。その時,彼を歓迎する音楽会が開かれ,市内の小学校児童が白秋の童謡を一生懸命歌いました。
     これに感動した白秋は,新潟の海岸の風景をもとに,「砂山」を作詞したといわれています。
     また白秋は,「ハラショノロンロン」というはやし言葉でおなじみの「新潟小唄」も作詞しています。

    <お問い合わせ先>
    文化スポーツ部 歴史文化課 歴史資料整備担当 電話 025-278-3260





    ■検索関連キーワード
    [余暇・文化][観光客・市民以外]
    • FAQ番号:B000036707
    • 最終更新日:2021/09/07
  • 関連するQ&A
    関連するご質問
  • この情報はお役に立ちましたか?
    よくあるご質問改善の参考とするためにご意見をいただいています。

Powered by MatchWeb