ご質問詳細

  • 質問

    有効なパスポートを持っている方が,氏名,本籍地の都道府県を変更した場合の手続きについて(記載事項変更の手続き)

  • 回答
    有効なパスポートをお持ちの方が,氏名または本籍地の都道府県を変更した場合は,記載事項変更の手続きが必要です。
    手続きの方法は2種類あります。

    1.「切替申請」により新しいパスポートを作成する。
    ・パスポートの残りの有効期間は切り捨てとなります。
    ・手数料は新規申請と同じです。

    2.「記載事項変更申請」により,現在お持ちの有効パスポートの有効期間満了日をそのままにし,変更事項を反映させた新しいパスポート(記載事項変更旅券)を作成する。
    ・お持ちのパスポートに有効なビザが付いている場合,そのビザの取り扱いについては発行国の大使館,領事館にお問い合わせください。
    ・手数料は6,000円です。

    ※いずれの方法でもパスポート番号は変わります。
    ※同一の都道府県内で本籍地を変更した場合は,手続き不要です。
    ※住所のみが変わった場合は,パスポート最終ページの所持人記入欄を,ご自身で訂正してください。手続きは不要です。

    【記載事項変更申請に必要な書類】

    1.一般旅券発給申請書(記載事項変更用) 1通
      ・申請書は,新潟市パスポートセンターの窓口に備えています。
    2.有効パスポート
    3.写真 1枚(6ケ月以内に撮影されたもの)
      ・縦45mm,横35mm,頭上の余白2mm~6mm,顔の大きさ(頭上から顎の先まで)32mm~36mm
      ・正面向き,無帽,無背景,目元など輪郭を隠していないもの。
      ・詳しくは区役所等に備え付けてあります「旅券(パスポート)申請のご案内」をご確認ください。
      ・同フロアーに証明写真のテナントがありますので,そこで撮影することもできます。4.現在の戸籍謄本または抄本 1通(6ケ月以内に発行されたもの)
      ※現在の戸籍謄・抄本でお持ちのパスポートの氏名または本籍地の確認ができない場合は,他の書類を提出していただくことがありますので,詳しくは新潟市パスポートセンターへお問い合わせください。

    ■県外に住民登録があり,就学,長期出張,単身赴任などにより継続して新潟市に住んでいる方は,新潟市で申請できる場合があります。その場合,上記の書類に加え,下記の書類が必要です。

    5.住民票の写し(マイナンバーの記載が無いもの)
    6.以下のいずれかの書類
      ・学校の所在地の記載がある学生証または在学証明書(学生が対象)
      ・勤務先の所在地の記載がある会社の身分証明書(長期出張者または単身赴任者が対象)
      ・就業期間,居所の記載がある所属会社の社印がある証明書(長期出張者または単身赴任者が対象)
       ※証明書様式は,新潟市パスポートセンターへお問い合わせください。
      ・居所の賃貸契約書
      ・居所に郵送された申請者宛の消印のある最新の郵便物
      ・居所の記載がある公共料金請求書または領収書

     
    【パスポートの受け取り】

    1.申請した日から8日目以降に受け取ることができます(例:日曜日に申請した場合,翌週の日曜日から受取可能です)。ただし,祝日,年末年始(12月29日から1月3日),休業日がはさまる場合は,この限りではありません。
    2.受取に必要な書類等
      イ.申請時にお渡しする一般旅券受領証
      ロ.手数料(収入印紙,県収入証紙により納めていただきます。)
       6,000円(収入印紙4,000円,県収入証紙2,000円)
       ※収入印紙,県収入証紙は同フロアーの証明写真のテナントで購入できます。

    ≪お問い合わせ先≫
    新潟市パスポートセンター 電話025-226-7744
    • FAQ番号:A000018620
    • 最終更新日:2018/03/27
  • 関連リンク
  • 関連するQ&A
    関連するご質問
  • この情報はお役に立ちましたか?
    よくあるご質問改善の参考とするためにご意見をいただいています。

Powered by MatchWeb